インフルエンザワクチンとは何か?

インフルエンザワクチンとは何か? 知って得する最新情報

インフルエンザワクチンにはインフルエンザウイルスに対する免疫(抗体)を獲得できる効果があります。これによってインフルエンザに感染したとしても、それが発症する可能性が減ったり、発症した場合の重症化の防止に有効です。

このインフルエンザワクチンの接種率やその効果・副反応(副作用)など具体的な現状を分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

インフルエンザとは?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスというウイルスに感染することによって起こる感染症です。また、国によって「五類感染症」として定められている病気でもあります。

感染初期ではのどの痛みや鼻水、せき等の症状が表れ、その後、発熱、頭痛、筋肉痛、全身のけん怠感などの症状が現れます。
また乳幼児や小児の場合は急性脳症を発症したり、高齢者や免疫力の低下している人は肺炎をともなうなど、重症化するリスクのある病気でもあります。

このインフルエンザは流行性があり、日本では一般的に毎年12月~3月がその流行のシーズンとなります。この時期に大きく流行する理由は、ウイルスが温度と温度が低い環境を好む性質があることが大きいと考えられています。

インフルエンザウイルスは大きく分けるA型B型C型の3つに分けることが出来ます。この中で特にA型は世界的な大流行を引き起こしやすい傾向があります。

インフルエンザA型、B型、C型の特徴

インフルエンザA型

インフルエンザA型はA型、B型、C型のなかで最も感染力が強く、感染すると激しい症状が出やすい型です。主な症状は38度を超える高熱、頭痛、筋肉痛、全身のさむけやけん怠感などです。

A型のインフルエンザは同じA型でもAソ連型、A香港型など細かな違いのあるものが多く存在しています。それらは確認されているだけでも100種類以上あり、それらの中の数種類が毎年流行するのですが、流行するものは毎年同じものというわけではありません。その型・種類はシーズンごとに変わります。そして、体内に一度、インフルエンザA型の免疫ができたとしても、別のA型のウイルスにはその効果は発揮されません。

また、感染した人や動物の体内で変化・変異する性質もあるため、今までと違う新たな型が流行する危険性が常にある厄介なウイルスでもあります。

インフルエンザB型

インフルエンザB型は感染後の症状は発熱や全身の倦怠感など、A型と共通する点は多いのですが、A型よりも発熱はやや軽度、A型と違い、下痢や腹痛などの胃腸に関連した症状が出やすいといった違いがあります。

またA型とは違い、それほど多くの種類がなく、ウイルスの変異もほとんどないため、一度、免疫を獲得していれば感染しにくくなる確率が高いため、そこまで大きな流行が起きにくいインフルエンザ型であるといえます。

インフルエンザC型

インフルエンザC型は3種のなかで最も病状が弱いとされており、具体的な感染後の症状もかぜと同じ程度の症状(軽度な発熱や鼻水など)ですむウイルスです。

ウイルスの変異はほとんどなく、一度感染すると、生涯にわたって有効な免疫が獲得できるといわれています。そのため、感染は主に幼児期に多く、その際に免疫を獲得できるため、大人での大流行が起こることはないインフルエンザ型であるといえます。

インフルエンザの感染者数(シーズン毎)

日本国内でのシーズン(冬から春にかけて)ごとのインフルエンザ感染者数は以下の通りです。

インフルエンザの感染者数(シーズン毎)

このグラフから分かるように毎年インフルエンザ患者は約1000万人発生しています。これは病院などからの報告があった数であるため、実際の感染者数はこの数をさらに上回っていると考えられ、毎年、日本人の10人に1人以上がインフルエンザに感染していると考えられます。

年齢別に見ると、19歳以下での感染者の割合が多く、特に9歳以下の小児でその数が多いことが分かります。そのため、インフルエンザの大流行を避けるためには、子供や若い人がインフルエンザワクチンを摂取することが有効性が高いということが分かります。

また、日本におけるインフルエンザによる死亡者は確認されているだけで毎年1000人以上となっています。
そしてその死亡者の大多数を65歳以上の高齢者がしめているため、高齢者におけるインフルエンザワクチンの摂取が重要であるということも分かります。

また厚生労働省によると、日本での統計にのらない間接的なものを含めたインフルエンザによる死亡者数は毎年約1万人と推計されています。

インフルエンザワクチンとは?

インフルエンザワクチンは生きたウイルスが入っていない「不活化ワクチン」と呼ばれる種類のワクチンです。生きたウイルスが入っている「生ワクチン」と比べ、免疫獲得の効果はやや落ちますが、重い副反応(副作用)が出ることが少ないという特徴があります。
このワクチンを摂取することでインフルエンザウイルスに対する抗体を獲得でき、インフルエンザの予防や重症化の防止において重要な役割を果たします。

しかしインフルエンザは同じ型だとしても微妙な変異による違いが起こっていくため、それらの細かい違いのある中から次のシーズンに流行するであろう型を推測して選定し、そのワクチンを大量に製造する必要があります。この作業は毎年行われています。

例えば同じA香港型だとしても1年前のものとその年のものが細かなところまで全く同じであるとは限りません。少しでも小さな違いが起こっていると、その違いによってワクチンの効果が薄れてしまうことがあります。そのため、毎年、細かな違いを含めてどの型を製造するかを決めることが重要となります。

下記は過去に実際に選定、製造されたインフルエンザの詳細な型の一覧です。

・2019~2020シーズン
インフルエンザA型 ブリスベン IVR-190 H1N1 pdm09
インフルエンザA型 カンザス X-327 H3N2
インフルエンザB型 プーケット 山形系統
インフルエンザB型 メリーランド ビクトリア系統

・2018~2019シーズン
インフルエンザA型 シンガポール IVR-180 H1N1 pdm09
インフルエンザA型 シンガポール IVR-186 H3N2
インフルエンザB型 プーケット 山形系統
インフルエンザB型 メリーランド ビクトリア系統

・2017~2018シーズン
インフルエンザA型 シンガポール IVR-180 H1N1 pdm09
インフルエンザA型 香港 X-263 H3N2
インフルエンザB型 プーケット 山形系統
インフルエンザB型 テキサス ビクトリア系統

このように毎年、大まかに見ると同じ型の物が選定されているように見えますが、実際には細かな違いのある物が選定さていることが分かります。

その年のシーズン用のウイルスの選定は毎年3月ごろに行われます。それまでの世界や日本でのインフルエンザの流行傾向を元に、どの型がこのあと流行していくかを推定・予想し決定します。決定の際にはA型を2種、B型を2種、合計4種類の型を選定するのが現在の主流となっているため、それに基づいてワクチンの製造が行われます。この4種類のインフルエンザウイルスに対応したワクチンのことを「4価ワクチン」といいます。

インフルエンザワクチンの効果に関しては、厚生労働省の発表では「有効率60%」とされています。
この「有効率60%」という言葉の意味は、ワクチンを接種せず発病した人のうち60%の人がワクチンを接種していれば発病を防ぐことができたという意味です。
もちろん、ワクチンの効果は発病を防ぐこと以外にも重篤化の防止効果もあるため、残りの40%の人には全く効果がなかったという意味ではなく、発病したとしても症状がある程度軽くなったり、治癒までの期間が短くなるなどの効果が期待されます。

インフルエンザワクチンの製造方法

インフルエンザワクチンの具体的な製造方法として「鶏卵培養法」という方法が用いられています。
鶏の卵に元となるインフルエンザウイルスを注入します。そして、その卵の内部でウイルスを培養(増やし)します。これがワクチンの原液となります。1つの卵で培養できるウイルスの型は1つのみであるため、4価ワクチンを製造するためには最低でも4つの卵が必要となります。

その後、原液からウイルスを抽出し、不活化した後、精製した4つの原液を混ぜ合わせて4価インフルエンザワクチンの完成となります。

インフルエンザワクチン製造のスケジュール

インフルエンザワクチンの製造は毎年2月頃から開始されます。製造に用いるウイルスの選定が確定するのは3月ごろですが、その確定を待っていては製造に遅れが出るため、まず、変異の少ないインフルエンザB型の製造からはじめ、その後、A型の選定が確定してからA型の製造も遅れて開始するという方式で製造が進みます。

原液の製造とは、鶏の卵にワクチンの元となるインフルエンザウイルスを注入しウイルスを培養、その後、増殖したウイルスを抽出し、分解処理、これをホルマリンなどで不活化するまでの一連の作業のことを指します。

別々に精製した4つの原液を混ぜ合わせて4価インフルエンザワクチンの完成・製剤化となります。そのワクチンの国家検定(品質確認)が完了次第、市場への供給が開始となります。

インフルエンザワクチンの副反応(副作用)

不活化ワクチンであるインフルエンザワクチンは一般的には重い副反応(副作用)が出ることが少ないため、摂取のリスクは低いと言えるのですが、それでも全くリスクが無いわけではありません。副反応には摂取後24時間で症状が表れるアナフィラキシー、最大7日で症状が出る脳炎やけいれん症状、39度以上の発熱、最大28日で症状が出る肝機能異常など、その症状や出るまでの期間は多岐にわたります。

インフルエンザワクチンの場合、接種箇所の赤みやはれ、痛みなどの軽い症状を含めると、ワクチン接種を受けた人の10%程度で副反応が起こり、その症状は通常2~3日でなくなるとされています。

下記はシーズンごとのインフルエンザワクチンの推定接種者数とある程度以上重い副反応の報告者数です。

・2019~2020シーズン(2019年10月1日~2020年4月30日)
推定接種者数:5650万人
副反応の報告者数:333人
 うち死亡数:6人(9歳以下:1人、10歳~19歳:1人、70歳~79歳:2人、80歳以上:2人)

・2018~2019シーズン(2018年10月1日~2019年9月30日)
推定接種者数:5251万人
副反応の報告者数:283人
 うち死亡数:3人

・2017~2018シーズン(2017年10月1日~2018年9月30日)
推定接種者数:4918万人
副反応の報告者数:327人
 うち死亡数:12人

毎シーズン約5000万人という膨大な摂取人数に比べると重い副反応の報告者数は少ないと言えますが、注意が必要な点には変わりはありません。
上記3シーズン内で言うと、多いときで410万人に1人の割合で死亡事例が起こっている事が分かります。
そういったこともあるため、もし、インフルエンザワクチンの摂取後、気になる症状があった場合は医師への相談や診察を受けて下さい。

インフルエンザワクチンのまとめ

今回のまとめ

日本におけるインフルエンザによる死亡者は確認されているだけで毎年1000人以上、統計にのらない間接的なものを含めると毎年約1万人と推計されているため、ワクチンによる予防が重要であると言えます。

しかし、インフルエンザワクチンの有効率60%という効果割合からも分かるように、ワクチンで確実にインフルエンザを予防できるわけでもなく、また、少なからず副反応のリスクもあります。

大事なのは自身の年齢や日ごろの体調・体質、環境などを考えてワクチンを必要としているかを考えることです。特に高齢者や免疫力の低下している人はインフルエンザ発症で重症化するリスクが高いため、自身やその周りにそういった人がいる場合はワクチン摂取を真剣に検討し、流行り始める前に、早めにワクチン摂取をするとその効果が期待できます。

—参考元—

厚生労働省,インフルエンザ(総合ページ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/index.html

厚生労働省,第3回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会研究開発及び生産・流通部会 季節性インフルエンザワクチンの製造株について検討する小委員会
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000203023_00001.html

国立感染症研究所,インフルエンザとは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/a/flu.html

厚生労働省,厚生科学審議会 (予防接種・ワクチン分科会 副反応検討部会)
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/shingi-kousei_284075.html