免疫とは何なのか?

免疫とは何なのか? 知って得する最新情報

人の体には細菌やウイルス、がんなどの病原体(異物)から体を守る働きが備わっています。この働きのことを免疫といいます。この免疫とは具体的にどういった働きなのか?体の中で何が起こっているのか?などを分かりやすく解説します。

スポンサーリンク

免疫とは?

免疫とは、その体内に本来ある正常な細胞以外の異物(病原体など)を認識し、それを見つけると、攻撃して体から排除する仕組みのことをいいます。

人の血液は酸素を運ぶ「赤血球」、出血を止める作用がある「血小板」。免疫に関わる細胞の「白血球(免疫細胞)」、その他の液体部分である「血漿(けっしょう)」などで構成されています。
この白血球とは免疫に関わっている細胞をまとめた相称の事をいいます。

免疫が病原体などの異物を排除(攻撃)する仕組み

免疫に関わっている細胞は大きく分けると「自然免疫」と「獲得免疫」の2つに分類されます。

体の中の異物はまず「自然免疫」による攻撃を受けます。その攻撃で排除が完了出来なかった場合には「獲得免疫」による攻撃が始まる仕組みです。

このような2段構えの防衛機能によって私たちの体は日々、健康を保たれています。

自然免疫

自然免疫とは体内を見張っている免疫細胞が病原体などの異物を発見次第、即座に攻撃して体からの排除を行う仕組みの事をいいます。あらゆる異物がその攻撃対象であり、未知の外敵に対しても数時間程度で迅速に反応し、攻撃を開始します。人が生まれつき自然に持っていっている免疫機能ということから「自然免疫」という名称が付けられました。
自然免疫の特徴は、その攻撃の早さだけでなく、攻撃をしつつ、その異物の情報を収集、自然免疫だけでは排除が出来なかった場合に備えて、その情報を獲得免疫に伝達する重要な働きもあります。

自然免疫を担当する細胞には樹状細胞、マクロファージ、好中球、NK細胞などがあります。

樹状細胞

樹状細胞とはその名の通り、樹木の枝のような形状をした免疫細胞で、発見した異物を自分の中に取りこみ、その情報を分析し、それを獲得免疫に伝達し、攻撃を促す能力に非常に長けている点が大きな特徴です。

樹状細胞の働き

その伝達能力が長けている反面、異物を直接攻撃する能力自体はあまり高くありません。しかし、この伝達能力を用いて免疫機能における司令塔としての重要な働きによって獲得免疫が機能を最大限に発揮することが出来ます。
樹状細胞は血液の中だけでなく、皮膚や鼻、肺など外部と接触しやすい部位にも存在し、外敵に備えています。

マクロファージ

マクロファージの働き

マクロファージとはアメーバ状の形をした免疫細胞で、この細胞は死んだ他の細胞や異物を取りこみ、消化・殺菌する能力に優れています

異物を攻撃するだけでなく、樹状細胞のように、その情報を分析し獲得免疫に伝達する能力もあります

好中球

好中球の働き

好中球とは細菌を取りこみ、食べて消化・殺菌する能力に優れてた免疫細胞です。

細菌を見つけ、そこに向かっていく迅速性に優れた特性があり、それを取り込み殺菌すると同時に自身も死滅して膿(うみ)となる性質があります。
体の炎症やケガの直りかけなどに出てくる膿(うみ)は異物を処理した後の好中球の死がいです。

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

NK細胞(ナチュラルキラー細胞)の働き

NK細胞とはウイルスが感染した細胞や、がん細胞を認識して攻撃する能力に優れた免疫細胞です。
体の細胞はある程度の確率でがん化する事が避けれらません。そのがん細胞やウイルス感染した細胞を迅速に見つけ攻撃する、重要で強力な働きから「ナチュラルキラー(生まれながらの殺し屋)」と名付けられています。

獲得免疫(適応免疫)

獲得免疫とは自然免疫の攻撃によって対応しきれなかった異物をじっくりと攻撃・排除する仕組みの事をいいます。この獲得免疫は過去に遭遇したことがある異物に対しては迅速で最良の攻撃ができる点が大きな特徴ですが、その反面、未知の異物・病原体に対しては反応が遅れる、自然免疫ほどその反応速度は早くないといった欠点があります。
なお、獲得免疫は別名で適応免疫とも呼ばれています。

その獲得免疫が過去に遭遇したことがある病原体に対しては過去の記憶・学習情報を用いて行動が出来るため、自然免疫と同様に迅速な攻撃を開始できます。
しかし、その体にとって初めて遭遇する病原体に対しては自然免疫からの情報を得てからでないと対応(攻撃)を開始できないため、まず自然免疫が攻撃を開始して、しばらくしてから獲得免疫が攻撃を開始するといった流れになります。

T細胞やB細胞といったリンパ球が主にこの獲得免疫の働きを担っています。

T細胞

T細胞は強力な攻撃能力を備えているリンパ球の一種です。この免疫細胞は胸腺という箇所でつくられることから、「Thymus(胸腺)」の頭文字をとってT細胞と名付けられました。
T細胞はその役割の違いから下記のように攻撃に特化した「キラーT細胞」、他の免疫細胞への指令に特化した「ヘルパーT細胞」、「制御性T細胞」とがあります。

キラーT細胞

キラーT細胞の働き

ウイルスに感染した細胞やがん細胞を排除する強力な攻撃能力を持った免疫細胞。

ヘルパーT細胞

ヘルパーT細胞の働き

他の免疫細胞を活性化させたり、攻撃指令を出したりします。免疫細胞の司令塔の役割を果たす。また、樹状細胞などの自然免疫から伝えられた異物に関する情報をB細胞に伝え、その異物に対応した「抗体」をつくり攻撃するように指示をする役割もあります。

制御性T細胞

制御性T細胞の働き

必要に応じて、免疫細胞に攻撃行動を終了する指令を出す。また、免疫細胞が過剰に働き過ぎて、体に有害な影響が出ることを防ぐ役割もあります。

これらの様々なT細胞が他の免疫細胞と連携をとりながら行動を行います。

B細胞

B細胞の働き

B細胞は学習した異物(病原体など)にあわせた抗体をつくることが出来る、骨髄で形成される免疫細胞です。

B細胞は初遭遇の異物に対しては、ヘルパーT細胞から異物に関する情報を受け取り、その情報を用いて異物にあった抗体をつくり、それで異物を攻撃します。
また、この受け取った情報をB細胞は記憶しておくことが出来ます。そのため、その後に同じ異物に遭遇した場合は、記憶している学習情報を用いてヘルパーT細胞からの情報なしに抗体を作り、迅速に攻撃を開始することが可能です。

抗体

抗体は異物に取りつき、それを攻撃・無力化したり、免疫細胞の攻撃のための目印として機能します。抗体は一般的にY字の形をしています。

免疫に関するまとめ

免疫細胞の特徴一覧

免疫は迅速な対応ができる自然免疫と相手にあわせた強力な攻撃が可能な獲得免疫の2つの免疫機能が互いに連携しつつ、それぞれの役割を果たすことによって、人の体は健康が保たれています。

脆弱な細菌・ウイルスの場合は対応の早い自然免疫だけでの排除が可能ですが、より強力な細菌・ウイルス、がん細胞などの場合は獲得免疫の協力が不可欠です。
1つ1つの免疫細胞が自身の得意な役割を果たす重要な存在のため、これは必要性が低いと言えるような免疫細胞は存在しません。

そのため、免疫機能の連携や、それぞれの免疫細胞が正常でより活発に活動できるようにするために重要なのは、普段から健康的な生活習慣を送ることです。
体調を整えるという基本を忘れずに実践していけば、日々を健康に生活を過ごしていけると思います。

—参考元—

厚生労働省,予防接種基礎講座(平成29年3月開催) 資料
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000167059.html

厚生労働省,予防接種情報
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/yobou-sesshu/index.html

MSDマニュアル,免疫系の概要
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/15-%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB%E3%81%AE%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%AD%A6/%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%B3%BB%E3%81%AE%E6%A6%82%E8%A6%81