血液型の違いとは何なのか?

血液型の違いとは何なのか? 知って得する最新情報

血液は体内で酸素や栄養を運ぶなど、生命維持に欠かせない役割を担っています。この血液は赤血球、白血球、血小板などの様々な成分から出来ています。

血液型とは、その赤血球の型の違い(赤血球表面にある抗原の違い)で分類をしたものです。今回はこの血液型について詳しく解説します。

スポンサーリンク

血液型とは?

血液型は赤血球の型の違いを元に分類をしたA型、B型、O型、AB型の4種類が一般的に知られていますが、実際にはいくつかの分類方法があり、その方法によって分類の仕方も変わります。

ABO血液型

ABO血液型とは赤血球の表面にある「抗原」という物質の種類や有無によって区分けをする考え方です。

赤血球上にA抗原を持つ人をA型、B抗原ならB型、何も抗原がなければO型、A抗原とB抗原の両方があればAB型となります。
(昔はO型は抗原が無いことから「ゼロ型」と呼ばれていた)
日本人の場合、約40%の人がA型、20%がB型、30%がO型、10%がAB型ですが、その割合は人種によって異なります。

ABO血液型の解説1

人の血液中には生まれつき赤血球と反応する抗体も含まれています。A型の人の血液中には抗B抗体があり、B型の人には抗A抗体、O型の人には抗A抗体抗B抗体の両方がありますが、AB型の人にはこれら抗体はありません。

抗体は同型の抗原が体に入ってきた場合、その抗原を持つ赤血球を攻撃し破壊する性質があります。

ABO血液型の解説2

例えばA型の人の血液中には抗B抗体があるので、もしこの人にB型の血液を輸血すると、元々あった抗B抗体が入ってきた血液中の赤血球を攻撃・破壊してしまい、重い副作用が生じます。こういった問題があるため、基本的には輸血の際は同じ血液型の血液が必要となります。

本来、輸血の際は同じ血液型の血液が必要となりますが、緊急時などに同じ血液型が無い場合に、別の血液型での輸血を行うこともあります。それが可能なのは輸血用の血液型がO型、または血液をもらう人がAB型の場合です。
O型の血液には何も抗原がないため、O型以外の血液型の人に対しても理論上は輸血が可能です。また、AB型の人は抗A抗体、抗B抗体が共にないため4種どの血液型の輸血でも受けることが出来ます。

Rh血液型

赤血球には上記のA・B抗原以外にもC・D・E抗原など多くの別の抗原があります。そのうち、D抗原の有無で区分けをする考え方がRh血液型です。赤血球上にD抗原を持つ人をRh陽性(Rhプラス)、持たない人をRh陰性(Rhマイナス)と言います。

日本人の場合、Rhプラスの割合は99.5%、Rhマイナスの割合が0.5%(200人に1人程度)となっていますが、この割合も人種によって大きく差があります。
ABO血液型とこのRh血液型を合わせて考えると、日本人でのRhマイナスの割合は以下の通りです。

A型のRhマイナス:2000人に4人(500人に1人)
B型のRhマイナス:2000人に3人
O型のRhマイナス:2000人に2人(1000人に1人)
AB型のRhマイナス:2000人に1人

Rhプラスの人の場合はRhプラス、Rhマイナス、どちらの血液を輸血したとしても問題はありません。
ただし、Rhマイナスの人にRhプラスの血液を輸血すると、体内に元々無かったD抗原を持つ赤血球に反応して抗D抗体を作り出し、その輸血された血液を攻撃する可能性があります。そのため、Rhマイナスの人にはRhマイナスでなおかつABO血液型の相性問題も無い血液が必要となります。

まれな血液型

世界的にもまれな、上記のABO血液型、Rh血液型では区別・判別が不可能な血液型があります。

その1つを例に挙げるとボンベイ型(100万人に1人の割合)というものがあります。
ボンベイ型はO型の亜種で、見かけはO型と似ているのですが、どの血液型でも赤血球自体に本来あるべきH抗原という物質がありません。
そのため、Rhマイナスの場合と同様、ボンベイ型にはボンベイ型の血液しか輸血ができません。

これらのまれな血液型が世界的にも希少なため、そういった人が判明した場合、赤十字社が血液センターへの登録を依頼したり、必要に応じて献血への協力を要請する場合があります。

血液型の遺伝

血液型の遺伝

人は、その両親の血液型の組み合わせによって血液型が決まります。組み合わせのパターンは上記図の通りです。このように血液型は両親からの遺伝で決まります。
両親のどちらかがAB型の場合はO型の子が生まれることはなく、それ以外ではO型の子供が生まれる可能性はあります。
どちらかがA型の場合はもう片方の型に関わらず、子供もA型の可能性があり、どちらかがB型の場合も、もう片方の型に関わらず、子供もB型の可能性があります。

血液型に関するまとめ

今回のまとめ

自分の血液型をあらかじめ知っておくことは、緊急時の際に役に立つことがあります。特に、「Rhマイナス」の人の場合、輸血を受けられる難度が上がるため、あらかじめその危険性を認識しておくことが重要です。
また、輸血用の血液は人工的に造ることができません。そのため現在でも病気・ケガの治療に使われる輸血のためには献血が必須となっています。

—参考元—

厚生労働省,けんけつちゃん:けんけつちゃんへのQuestion
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/iyaku/kenketsugo/5a/question.html
厚生労働省,血液事業の現状
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kenketsugo/genjyou.html